■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具

レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。

 

レーシックではまず角膜の表面をスライスし、「フラップ」と呼ばれている蓋状のものを作成していきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。
レーシックとは角膜に対してエキシマレーザーというレーザーを照射して、屈折率の矯正をしていくことで視力回復を目指すものです。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。 視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。



■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具ブログ:20170719

「太っている」「太りだしている」ということは、
食べ物を上手くエネルギーとして使えていない状態なんだそうです。

つまり
肉体が熱を作り出せず、体温が下がり、
肉体が冷えているんですね。

そうなると肉体は寒さから身を守り、
体温を保つために脂肪を溜め込もうとします。

それだけではなく、
内臓の働きが弱まり、便や尿の排泄が悪くなり
肉体の中に水分が溜まります。
これが、「むくみ」の正体ですね。

そうすると、活動のためのエネルギーが奪われ
肉体のさまざまな機能が低下し、ますます冷えを起こします。

冷えが起きると、
肉体はさらに脂肪を溜め込もうとします。

こうして、どんどんと悪循環に陥ってしまうわけです。

こんな状態では、
シェイプアップが上手くいくはずもないですよね!

だから、シェイプアップを成功させるには、
肉体の中の余分な水分を排泄し、
むくみを解消する必要があるんですよね。

肉体の中の水分は、
血液やリンパ液によって運ばれています。
つまり、血液、リンパ液の循環を良くすることが
むくみの解消につながるのです。

ちなみに、ふくらはぎがむくみやすいのは
血液を循環させている心臓から遠いところにあるからなんです。

ぼくは、むくみを解消するために
日々、軽い運動をするように心がけています。
血液の流れが良くなりますし、汗をかけば余分な水分も排泄できます。

また、寝るときは、脚を少し高くしていますし、
脚の付け根やひざの裏側などのマッサージも
日課にしています。
これは、力をいれず、さするだけで十分ですよ。



ホーム サイトマップ