■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました


■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?

レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。




■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:20170823

みなさん、こんにちわですー

最近
「骨盤矯正減量」という言葉をよく耳にしますよね。

骨盤矯正減量は、
近年、脚光を浴びている減量法ですが、
なぜ骨盤を矯正すると、減量に効果的なんでしょうか?

とりわけ産後の時期には、
骨盤矯正減量が最適なんだそうです。

産後は骨盤が開いてしまいゆるんでいる状態です。
骨盤の歪みも生じやすいですが、
その反面では、効果的に骨盤矯正ができる時期とも言われています。

産後は骨盤が一時的に開いた状態です。
骨盤が出産前の状態に戻らないと、
開いた骨盤の中に腸などの内蔵が入り込んで、
これが原因で下腹部が出たり、
お尻が大きくなってしまう事があります。

妊娠中に弱くなった腹筋を強化したりする為にも、
産後はコルセットやニッパーなど、
リセットプロポーションベルトを着用する事も
体質の負担を減らしますから、
体質を出産前の状態に近づけるのでオススメです。

産後に骨盤矯正をしないでそのまま放っておいてしまうと、
骨盤がきちんと元に戻らず、開いたままになってしまい、
その結果、骨盤が歪んでしまうことがあります。

開いた骨盤をキチンと元の状態に戻す事により、
産後の体型の戻りも早くなり、
減量にも効果的なんです。

妊娠する前から骨盤が歪んでいる人も多いので、
出産を機会に骨盤矯正する事で、
妊娠する前より美しい体質のラインになれる可能性もありますよ。

しかし産後は、体質が普通の状態ではないので、無理は絶対に禁物です。
少しずつ軽いストレッチをしたりしながら、
骨盤矯正をして、体質の歪みを改善するように心がけると良いでしょう。

明日はいい日だ。がんばろ~^^
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックお役立ち情報ちゃんねる