■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。
レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。




■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:20170808

少子化の社会で、
一体何が一番深刻な問題なのかというと、
お母さんが育児をしていても
幸せを感じられなくなってしまうということだと思う。

最初の赤ちゃんを産み育てる時は、
どうやったとしてもお母さんは新米ゆえに、
いたる所で失敗をしまくる…

しかも赤ちゃんは20時泣きをしまくるし、
自分は睡眠不足になってしまうので、
「あたくしはなんて不幸なんだ」と思うようになる。

しかし子供を3人以上も産めば、
赤ちゃんが20時泣きをするのは、当たり前ということが解るものだし、
もしも20時泣きをしなければ、死んでいるということなのである。

子供を3人以上育てたことで
お母さんには「育児力」がしっかりとつくので、
育児を思いっきり楽しめるようになるのだ。

そういうお母さんの精神状態が
子供の脳に良い影響を与えない筈がない。

お母さんがお母さんとして一人前になるからこそ、
子供たちは健全に成長して行くことができる。

お母さんが一人前でなければ、
過保護や過干渉を繰り返してしまうのは当たり前のこと。

子供の数が少なければ、
お母さんだって子供との距離を掴めないので、
子供との距離を適正に保つためにも、
お母さんが3人以上の赤ちゃんを産むしかないのである。

子供が1人しかいなければ、
経済的負担は少ないから、裕福になれると思ってしまいがちだが…

もしも子供が死んでしまったら、それこそ子孫が絶えてしまうし、
もしも子供がグレてしまったら
自分たちが望むような未来を実現させるのは難しいだろう。

子供の数が多くいれば、
子供が1人死んだとしてもスペアはあるものだし、
デキの悪い子がいても
それ以外のデキのいい子に期待すればいいのだ。

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックお役立ち情報ちゃんねる