■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。

 

レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。
レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。

定年退職 記念品のこと
定年退職 記念品、今すぐ
http://kanreki-oiwai-land.com/retirement/



■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:20170921

シェイプアップしてるのに、
腹がいっぱいになるまで食べないと落ち着かない、
どうしても食べ過ぎてしまう・・・

シェイプアップ中は、
食べたい気持ちを抑えるのはストレスがたまるし、
辛いですよね。

でも
慢性的に食べすぎの状態が続くと
体重が増えたり、体質にも負担がかかってしまいます。

ストレスにならない程度に、
明日からでもできる
少しの工夫をしてみましょう。

ご飯を食べる時は、
野菜や海藻類、スープなど
低カロリーでかさの多い料理を先に食べるようにして、
まず、空腹感を満たしましょう。

ご飯の食べ始めは、
腹がすいていますから
噛む回数が少なく、どんどん食べてしまうので、
噛む回数を意識的に増やしてあげましょう。

そうすることで、
満腹中枢の時間差が解消され、
少ないご飯量でも腹が満足しますよ!

ごはんを玄米や雑穀ごはんにすると、
噛みごたえが増すのでオススメです。

また、
腹がすきすぎてると、
どうしても食べすぎにつながります。

そんな時はあえて間食をしましょう。
小腹が空いたら、
お菓子よりも果物やヨーグルトがオススメです。

帰宅時間などが遅くて、ご飯の時間が遅くなる場合は、
途中でおにぎりなどを食べておいて、
家では軽く済ませるなど工夫してみてください。

この中のひとつでも実践してみて、
それでも食べ過ぎてしまったら
「また明日気をつけよう」
と気を楽にすることです。

我慢しすぎてストレスをためてしまうのは、
シェイプアップにとって逆効果ですよ。

長く続けて習慣にすることが
シェイプアップ成功の秘訣だと思います。

ホーム サイトマップ