■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。

 

レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。
レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。

定年退職 記念品のこと
定年退職 記念品、今すぐ
http://kanreki-oiwai-land.com/retirement/



■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:20170616

わたくしたちの体は大腸から水分を取り、
それを腎臓に送り、腎臓で水を濾過して、
全身に水を供給しようとする。

そのため
大腸に老廃物や毒素が溜まっていると、
体の調子を崩し、病気になりやすくなる…

キレイな水を使えないからこそ、
細胞自体が弱ってしまい、
免疫力を大いに減少させてしまうのである。

特に恐ろしいのが、
脳は最もキレイな水を使う器官なので、
お子さんが便秘をしてしまうと、
脳は汚い水を使わざるを得なくなり…

それで脳が異常になってしまい、
とにかくお母さんの言うことを聞かない
お子さんになってしまう。

排便が快調なお子さんほど
お母さんに対しては素直なのだが、
便秘をするとそうではなくなってしまうのだ。

お子さんが便秘になる最大の要因は、
排泄をしていないのに、
お母さんが無理矢理に
あさ食を食べさせてしまうことにある。

大人はあさの排便が
習慣づいているかもしれないが、
お子さんはあさの排便が習慣づいておらず、
あさの排便は遅れがち…

しかもお子さんは
お母さんよりも遅く起きるので、
充分に重力を使うことができず、
排便が困難になってしまうことが多い。

排便をしていないのにあさ食を食べてしまうと、
食事の消化吸収のために排泄が阻害されてしまい、
途端にウンチが出なくなってしまう。

そうなると
内臓は排便のタイミングを失ってしまい、
午前中ではない別の時間で
排泄をせねばならなくなる。

しかし
そういう時間帯は食事をするから、
結局、排便することができず、
便秘になってしまうのである。

なので、お母さんは、
お子さんがあさの排便をしない限り、
絶対にあさ食を与えるべきではない。

子供にとっては
あさの排便こそ
非常に大事な仕事なのである。


ホーム サイトマップ