■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき


■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:20141221


出産後の体型の崩れをなんとかしたい!と思うのは、
産後の母共通の思いですよね。

産後の体に関する女性の悩みのアンケートを見ると、
最も多い悩みは体力の低下と体型の崩れです。

産後の減量では、骨盤が重要なポイントになります。

産後の骨盤は開いてしまうものです。
また「仙骨」と呼ばれる、
ヒップの骨も歪むことで骨盤全体が広がってしまいます。
この緩みきった状態で、戻らないことも多いので、
骨盤矯正が有効な対策とされているのです。

骨盤が開いた状態で何年も過ごすと、
パンツがはけなくなったり、太りやすい体になったり、
腰痛等の痛みなども引き起こすこともあります。
姿勢も悪くなり、ストレスが溜まりやすくなったり、
同時に垂れたヒップの原因や、
ヒップ・ウエストまわりが
自然と大きくなってくることもあります。

そこで自分に合った
骨盤矯正体操やストレッチなどを日々続ける事が大事です。

無理をすると、筋肉を痛めてしまうので
焦らずにゆっくりと続けましょう。

産後減量をはじめるきっかけとして、
体重は元に戻っているのに、大きくなったヒップが悩みの種で
産後減量に取り組む方も多いです。

普段は使わない腰の横の筋肉を使って、
なかなか落ちない腰周りの脂肪を落とす
産後減量の体操で、
わたくしがオススメなのは…

@横向きに寝て肘で体を支える
Aそのまま真っ直ぐ体を維持
B息を吐きながらゆっくり脚をあげる
C上げたらそのままキープ
Dそしてゆっくりと脚を下ろす…
これを左右30回ずつ行います。

簡単にできる体操ですから、続けてみてくださいね。


クレアチンナビ
クレアチンへ
http://www.suplinx.com/shop/g/g071-02032/

川元弓子ナビ
川元弓子クリック
http://www.jobstock.jp/search/keyword_CafedinigOrganica%E5%B7%9D%E5%85%83%E5%BC%93%E5%AD%90.htm

LED投光器おすすめ
LED投光器は当サイトへ
http://www.i-sss.jp/


ホーム サイトマップ