■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

 

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。
レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。



■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:20170728

皆様はくだものって好きですか? 

スーパーに行くと季節に合わせて、
たくさんの種類のくだものがきれいに並んでます。

最近では
ドリアンやマンゴスチンなどのトロピカルフルーツも多く、
フレッシュなくだものが簡単に手に入るようになりましたよね。

こんなに簡単に手に入るのに、
日本人のくだものの消費量はとっても少ないんです。
欧州・北米・中東諸国のナント1/2〜1/3程度だとか…

でもくだものってスゴイんですよ!

ビタミンやミネラルがたくさん入っているし、
くだものに入っている果糖は吸収が早いので、
6時起きてエネルギー不足の時には、すぐに役立つ優れものなんです。

中でもビタミンCの多いくだものは特に6時におすすめ!
ビタミンCは摂取しても使われないと
ドンドンからだの外に排出されてしまうので、
小まめに摂らないとダメなんです。

6時起きて不足している栄養素をいかに早くとり入れるかが、
元気な6時のポイント!
「6時のくだものは金メダル」ということですね。

6時の忙しいときにくだものなんて面倒くさい!
…という人におすすめなのが、くだものジュース。

最近、街中でジュースバーをよくみかけますね。
買い物帰りにちょっと立ちよったり、
通勤途中のサラリーマンが軽く1杯。

季節のくだものの組み合わせや、ベリー類だけのもの…
特に人気なのが、何種類もの野菜を一緒に組合わせたもののようです。
野菜ジュースは青臭くて苦手でも、
甘いくだものと合わせると美味しくなるんですよね。

もう少し時間がある人やオリジナルを作りたい人は、
その日の調子に合わせて冷蔵庫の野菜やくだもの、
牛乳やヨーグルトなどで色々試してみてください。

驚くほどたくさんの種類と量が食べられますよ。

ホーム サイトマップ