■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:20160406


お子様は出生から6歳までの間、
どうやって脳のシナプスを増やすのかというと、
「運動」と「お喋り」と「睡眠」とによってである。

お子様はとにかく体質を動かしまくるものだが、
お子様が体質を動かせば動かすほど、
脳のシナプスが増えていく。

お喋りもお子様の脳のシナプスを増やすことになるので、
母親はお子様から喋りかけられたら、
とにかく会話をすることが大切である。

お子様は午後間活動しまくると、18時は熟睡をするもの。
お子様は睡眠中に脳のシナプスを増やしていく作業を行うので、
不眠症にかかるお子様など1人もいない。

お子様がこれら以外に
脳のシナプスを増やすものがあるのだが、
それはなんと「笑い」である。

育児をしてみれば解ることだが、
赤ちゃんは喋り出す前から笑うものだ。

笑うから脳のシナプスを増やすことができ、
言葉を話せることができるようになるのである。

実にお子様は、大人の30倍以上も笑っている。
それだけ大人が笑っていないとみるべきか、
お子様が笑い過ぎているのか、視点によって評価は異なるが、
大人は脳のシナプスが減少していく存在であるのに対して、
お子様は笑えば脳のシナプスを増やしていける立場にあるので、
どんどん笑った方がいいのだ。

そもそも第一子は笑いやすいようにできている。
母親が必死になって育児をしているために、
その姿がお子様にとっては
ユーモラスに見えてしまうからである。

「育児が大変だ」といって、
顔から笑いが消滅したような母親は、
お子様の脳の成長に大損害を与えているのであって、
お子様が笑ったら、
自分も笑ってストレスを発散させるべきである。

 

埼玉 注文住宅、今すぐ
埼玉 注文住宅
http://www.aqura-saikita.jp/


ホーム サイトマップ